CEP135 ポリクローナル抗体

BT-AP01692 WB,IHC p,ELISA

説明

カタログ番号. BT AP01692 サイズ: 100UL/50ul/20ul データシート請求

製品情報

Clonallity: ポリクローナル

アプリケーション: WB,IHC p,ELISA

ソース: ウサギ

免疫: The antiserum was produced against synthesized peptide derived from human CEP135. AA 範囲:1081-1130

タンパク質名: Centrosomal protein of 135 kDa

種の反応性: 人間, マウス

濃度: 1 mg/ml

観測された分子量: 134 kDa

定式化

PBS を含む液体 50% グリセロール, 0.5% BSA と 0.02% アジ化ナトリウム.

浄化:

抗体はエピトープ特異免疫を用いるアフィニティークロマトグラフィーによるウサギ抗血清から精製.

推奨希釈:

WB: 1:500 – 1:2000

IHC: 1:100 – 1: 300

ELISA: 1:40000

他のアプリケーションではまだテストされて

類義語: CEP135; CEP4; KIAA0635; Centrosomal protein of 135 kDa; Cep135; Centrosomal タンパク質 4

ストレージ:

デパートします。 -20 1 年の ° C. 繰り返し凍結/解凍サイクルを避けるため. ● 抗体の復元は室温で安定して 1 年以上-20 ° C で保存するとき、少なくとも 1 ヶ月で.

バック グラウンド:

Centrosomal タンパク質 135(CEP135) Homo sapiens This gene encodes a centrosomal protein, which acts as a scaffolding protein during early centriole biogenesis, and is also required for centriole-centriole cohesion during interphase. Mutations in this gene are associated with autosomal recessive primary microcephaly-8.